仕事

【考える余白を残すこと】はコミュニケーションで大切にしたいこと

考える余白を残す

この記事では、悩むでなくて【考える余白を残すこと】についてご紹介します。

考える余白を残すことで、あなたのコミュニケーションが劇的に変わりますよ。

相手に「考える余地を残す」マジックフレーズ3つ

  1. あなたならどう思う?
  2. あなたならどう判断する?
  3. あなたならどう行動する?

考える余白を残すことは、どんな人でも心がけたいことなんです。

  1. 経験が豊富な人、仕事の習熟度が高い人
  2. 経験が不足している人、仕事の習熟度が低い人
  3. 質問された人
  4. 家族
  5. 友人
  6. アイディアを出し合いたい人

その他、どんな時でも【考える余白を残すこと】は大切なんです。

仕事でもプライベートでも「考える余白を残すこと」を心がけてコミュニケーションや能力を伸ばしていきましょう!

相手に自然と考えてもらうことの大切さ

自然と考えてもらう工夫

コミュニケーションにおいて、うまくいかないことの1つに一方的に自分の考えを伝えたり、言うことがある。

社長や部長などの役職者からのトップダウンの場合、それに従わなくてはいけないケースも確かにあります。

しかし、コミュニケーションを円滑にして組織(会社でも家族でも仲間でも)を活性化させていくためには、一方通行だけではなく相手やチームに自然と考えてもらう余白を残すことが大切です。

はちと
はちと
自然と考えてもらうためには、相手やチームに「考えてください」と直接的な言葉で伝えてはいけません。
ポンちゃん
ポンちゃん
相手やチームに「考えて欲しい」と伝えずにどうやったら、考えてもらえるの?
はちと
はちと
それは、「余白」つまり「考える余白」を相手に残すことなんだよ。

相手は直接的に考えて欲しいと言われたわけじゃないんだけど、なんだかちょっと調べてみよう、考えてみようとポジティブに自然と動き出すような余白部分を残してあげるんだ。

「強制的VS自発的」考えるならどっち?

組織や相手を活かす考え方

仕事でも家庭でも子育てでも、あなただったら「強制的に考えさせられる場合」と「自発的に考える場合」ではどちらが良いと思いますか?

強制的に考えさせられる場合には、周囲からのプレッシャーが過度に掛かります。本来持っている力を引き出せずに当たり前の考えや小さく無難な、少し強く言うと全くつまらないアイディアや考えしか浮かばないケースが多いのです。

では自発的に考えた場合はどうでしょうか。

自発的に考えられる環境下では、のびのびと自分らしい考えが自由にできます。絶対に考えてと直接的にいわれていないので、過度なプレッシャーを感じることなく自然とアイディアや解決策を柔軟な頭で感がられるのです。

マジックフレーズ【あなたならどう思う?】

あなたならどう思う?

仕事の打ち合わせや会議、質問があったときなどに、あなたが直ぐに判断ができる内容だったとしても、直ぐに判断したり答えや考えを伝えるのを我慢しましょう。

もちろん、緊急時やスピードが必要な場合にはリーダーシップをもって合理的かつスピーディーに指示をだしたり、指揮をしなくてはいけない状況もあるでしょう。

まずはある程度あなたが、時間的・内容的にコントロールできる内容からはじめてみましょう。

相手に自然と考える余白を与えるマジックフレーズの「あなたならどう思う?」というフレーズを最後に一言添えてみましょう。

相手やチームは自然と当事者意識をもって柔軟な考えでポジティブに動き出します。

はじめは、あなたの隣や周囲の小さな動きかもしれません。

でもマジックフレーズの「あなたならどうする?あなたならどう判断する?あなたなら同行動する?」を根気よく習慣化していけば、きっと組織は動き出す。

本来の力を出し切って輝き出す。

コミュニケーションを活性化させるたった一言のマジックフレーズ「あなたならどうする?」を今日から使ってみませんか?

\読書の楽しみを思い出そう/
スキルを磨き人生を豊かにするために、目を休ませながら無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう
\読書の楽しみを思い出そう/
無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう