仕事

仕事で【自信】を取り戻す方法

仕事で自信を取り戻す方法

この記事では、仕事で自信を取り戻す方法をお伝えします。

仕事の時間は1日の約半分を占める大切なライフスタイルですよね。

仕事で自信を持てるかどうか、自信を持って仕事の時間を過ごせるかどうかによってあなたのストレスや仕事の結果、人間関係も大きく変わっていきます。

今、仕事に自信が持てないなら何かを変える必要があるはず。

簡単に言えば、あなたの考え方と行動です。

実際に私が考えて、行動して経験をしたことを具体的に紹介します。

12個の中で1つでも試せるものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

そして、あなたの考え方と行動を変えるきっかけとして役に立てれば本当に嬉しいです。

1、仕事で自信を取り戻す為に、多様性を認めよう

多様性

1日通常は8時間会社で勤務するケースが多いと思います。

会社の規模にもよりますが、普段仕事でチームや部署単位で働くことが多いと思います。

仕事上で関わりのある方1人1人の価値観、役割、仕事に関する考え方が違うんですよね。

まずは、あなたが多様性に対して寛容かんようになりましょう。

でもね、あなた思いを届けること、あなたが考える仕事のやり方、会社にとっても顧客にとっても自分やチームにとっても良くなる方法を絶対にあきらめないでくださいね。

考えずに、その場しのぎの対応を続けていても、きっとまた誰かが同じミスをして顧客やミスをした仲間が辛い思いをするんだ。

価値観の違いを知って、多様性を認めよう

価値観

価値観って一言で説明できないと思います。

哲学的な話はできないのですが、私が仕事で大切にしていることは、相手の大切にしている価値観を頭ごなしに否定することだけはしないことです。

そりゃそうですよね。今までの仕事やプライベートでの経験や成功体験を通して作りあげられた価値観を一瞬で変えることなんてできません。

はちと
はちと
価値観が合わない人って会社には1人や2人はいますよね。

私もたまにカチンってなって心の声が出そうになることもありす。

実際に出たことも何度かありますし、声に出さないでも顔に出ちゃうこともあったり。

その方が大切にしている価値観を簡単に変えるこはできません。

でも、会社としてのルールや仕組みを変えることはできるはずです。

組織の共通的な手順、ルール、仕組みとして働きやすい方法に誘導しちゃいましょう。

相手の価値観を変えることはできないので、認めた上で自分やチームにとってより良い方向へ導くことが、多様性を認めることだと思います。

役割の違いを知って、多様性を認めよう

役割役割

現在私は2人の子育てをしながら、仕事をしています。つまり、父親という家庭での役割もになっているのです。

そして、自分の両親の子供という役割もになっていて、親の介護も必要に応じて対応しなくてはいけません。

20代の頃は、ひたすらに仕事だけができる状況でした。

はちと
はちと
子供が熱を出した、風邪を引いたとお休みするチームメンバーを正直にふざけるなよ、こんな忙しい時期にって何度思ったことか。

ストレス解消の為にジムで何度バーベルを持ち上げて、ランニングをしたことか。

今私の役割は変わり、価値観も大きく変わりました。そして、役割の違いを理解して、多様性に寛容になりました。

  1. 仕事としての役割
  2. 夫としての役割
  3. 2人の子供のパパとしての役割
  4. 自分の人生を生きる役割

この他にも地域、小学校や中学校、保育園、幼稚園などの役員などの役割をになっている方もいるかもしれません。

様々な役割が増えたとしても、大切にして欲しいこと。

あなたの人生を生きるという役割を大切にしてくださいね。

自分の人生を生きること普段やりたいことをしていると、仕事でも自信につながります。

あなたの人生の中の仕事であって、仕事の中の人生ではありません。

同じようにあなたの人生の中の夫としての役割、パパとしての役割。

仕事に関する考え方の違いを知って、多様性を認めよう

多様性

仕事に求めるものも大きく違いがあって面白いんですよね。

ある人は、とにかく生活費を稼ぐためだけに働いている。仕事自体は嫌い。

またある人は、その仕事が好きだから働いている。サービス残業だとしても趣味のように仕事に没頭している。文句も言わない。

またある人は、仕事は定時で上がりプライベートの時間も大切に過ごしている。

仕事に関する考え方の違いに正解、不正解はありません。

多様性のある会社や組織は、多様性のある世界にアプローチできます。

色んな価値観を持った方いると色んな考えをビジネスに活かすことができます。

同じ価値観や働き方しかできない会社や組織では、世界の多様性に合わせることはできません。

その為、自分たち会社や組織に合わせた狭いサービスしか提供できない可能性もあります。

日本で仕事やビジネスをしていたとしても、単に日本での仕事をしている意識ではなく、世界の中で日本を選び仕事をしているという意識が持てると仕事に対する考え方や意識も変わっていきますよ。

2、仕事で自信を取り戻すために、筋トレしよう

筋トレ

仕事で自信を取り戻したい場合、筋トレを強くお勧めします。もちろん、仕事だけではなくプライベートで自信を取り戻したい時にだって活用できますよ、筋トレ。

体を動かして自信がつくと、仕事やプライベートでも自信がつくんです

はちと
はちと
面白いもので、人間の心と体って繋がっているんですよね。

自信がない状態だと自然と声が小さくなったり、行動範囲が狭くなったり、大胆な判断ができなくなってしまったり。

筋トレで体を動かすと、短期的には気持ちをスッキリとさせるリフレッシュ効果、長期的には引き締まった体と自信が得られます。

筋トレや運動は、単に体を動かしているのではなくて、脳を動かしているんです。

仕事脳に疲れて自信がないあなたは、運動脳に刺激を与えてあげましょう。

近くに24時間のジムや大型ジムがある方は仕事の帰りやお休みの日にジムで運動をしてみてはいかがでしょうか?

筋トレ

筋トレをすると本当に気持ちがスッキリと切り替わりますよ。ちなみに筋トレや運動中は仕事のことを考える余裕がないから、必然的に仕事脳から開放されて心理的にもリラックスできるんです。

もちろん運動で体はきついんですが、心地良い疲れになるでしょう。

そして、運動で疲れたあなたは夜ぐっすりと寝ることができるはず。

睡眠をしっかりと摂りましょう。個人差はありますが、疲れている時や仕事のストレスがある時は7時間は睡眠時間を確保したいですね。

WEBGYMアプリで宅トレ、筋トレ、外でも運動をしてみませんか?

近くのジムを選ぼう!

3、コミュニケーション頻度を上げて自信を取り戻す

コミュニケーション

仕事で自信が無くなった今あなたは、どんどんと孤独になっていませんか?

失敗した責任があなたにあるのかもしれませんし、自信を持てなくなった理由が他にあるかもしれません。

それでも、チームにとってあなたがいることで助かることがあるはずです。

私が実際に自信を取り戻すためにとった行動の3つ目は、コミュニケーションの頻度を上げたことです。

具体的には、雑談と質問と確認です。

そして、この雑談と質問と確認は「ありがとう!(ありがとうございました!)」や「勉強になりました!」などの言葉とセットで使ってくださいね。

コミュニケーションって人間で例えると、血液循環の役割と似ているんですよ。心臓というポンプから栄養や酸素を含んだ血液が流れて手足などの末端まで必要な栄養と酸素を送ります。

必要な栄養と酸素が行き届くから体はパフォーマンスを発揮できるんですよね。

コミュニケーションは待っているだけではダメです。上司や同僚、部下から話しかけられるのを待ってるだけじゃ、他人任せの仕事しかできませんよ。

仕事で自信を持つための行動は、まず自分の意思と考えで動くことからスタートします。

自分が会社やチームの心臓というポンプになって、コミュニケーションという血流を流していきましょう。

会社やチーム無いでのコミュニケーションでは、情報(栄養)と相手を認める(酸素)を増やすことができます。

相手の仕事やプライベートを含めて情報と認めることの頻度が増えていくと、あなたとチームメンバー間での関係性が良くなっていきます。

関係性が良くなると普段の何気ない会話から、何か悩みを抱えているかな?何を必要としているのかな?手伝って欲しい仕事、アドバイスが欲しい問題があるのかな?など相手のことを思って上げられる余裕が増えてきます。

コミュニケーション

直接あったり、電話で話すだけがコミュニケーションではありません。

社内のチャットやメール、その他SNSなどのツールを上手に活用して相手にとって負担にならないようにコミュニケーション頻度を上げていきましょう。

チームメンバーと普段会話が無い方や少ない方は、あなたの考え方と行動を変えるチャンスです。

話しかけやすい雰囲気や行動をとって、あなたの仕事に必要な情報が入ってくるように環境を整えましょう。

コミュニケーションの為にお菓子タイムを作ろう

雑談 おやつタイム

いつも一生懸命にパソコンのまで仕事をしている方も多いと思いますが、会話をしないで仕事だけに集中するのって本当に難しいですよね。

1人の世界に没頭できる人は良いものの、たまには近くのメンバーと雑談をしたり仕事からちょっと離れてリラックスできると仕事に戻った時に生産性が上がったりします。

雑談中に仕事のヒントが浮かんだり、アイディアを広げる効果だってありますよ。

私が実際に行動に移したアイディアは、お菓子タイムです。

10時頃、15時頃におやつタイムを設けました。会社付近で買ったコンビニの話や近況などを添えておやつをチームメンバーにおすそ分けするんです。

食べながらだと、相手もリラックスしてくれるので会話が弾みやすいですよ。

甘いものが好きな方が多いと思いますが、苦手な方もいます。10時に甘いお菓子にしたら、15時はしょっぱい系のお菓子にするとバランスが取れますよ。

味覚や好き嫌いについても色んな方がいますよね。

仕事で自信を取り戻す方法いかがでしたか?

実際に私が考えて行動に移して仕事で自信を取り戻した方法です。

手軽にできるものもあれば、少し工夫が必要なものがあるかもしれません。

あなたが仕事で自信を取り戻すことに少しでもお役に立てれば嬉しいです。

\読書の楽しみを思い出そう/
スキルを磨き人生を豊かにするために、目を休ませながら無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう
\読書の楽しみを思い出そう/
無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう