仕事

頻度を考えて仕事や人生を充実させよう

頻度

この記事では、人生を楽しむ為に大切な頻度(回数について解説していきます。

自分の大切にしたいことの頻度(回数)を増やすことで、人生がより豊かになっていきます。そして、できるだけ自分の苦手なことや嫌いなことの頻度を減らせると良いですよね。さらに頻度を意識した仕事の仕方や言葉使い、コミュニケーションもとっても大切ですよね。

普段大切にしていることやちょっと苦手だなということについて頻度という考え方を取り入れてあなたらしく、楽しい人生をちょっとでも増やす工夫をしていきませんか?

人は頻度(回数)と時間を大切にします。時間をしっかりと取れない場合でも、頻度(回数)を増やす工夫をすることで、人生が楽しく変化していきますよ。

頻度を増やしていきたいことを考えよう

家族との時間

あなたの人生の中で、頻度が増えると嬉しいな、楽しいなということを一度ゆっくりと考えてみましょう。あなたにとって大切なことや大事にしている考え方や思いがあれば、恥ずかしがらずにノートなどに書き出してみましょう。

ノートに書き出すとそれだけで、頭の中のモヤモヤが整理されてとてもスッキリとします。この人生を楽しむ為に考えることも頻度を増やしたいことの1つですよね。

頻度を増やしていきたいことの例をあげてみます。

  1. 自分の自由な時間を過ごす頻度
  2. 自分の趣味を自由に楽しむ頻度
  3. 大切な人と過ごす頻度
  4. 大好きな人とデートする頻度
  5. 家庭料理をゆっくりと楽しむ頻度
  6. 子供と一緒に遊んだり、お風呂に入ったり、ご飯を食べる頻度
  7. 自分の仕事に関する本を読んで勉強する頻度
  8. 人から褒められる頻度、感謝される頻度
  9. 人に役に立つ頻度、人を助ける頻度
  10. 人を褒める頻度、ありがとうと伝える頻度
  11. ダイエット運動する頻度

あなたにとって大切にしたい、大事にしたいことがたくさん書けましたか?1つ1つの項目が大切なこと。どれか1つでも毎日の生活の中で頻度が上がるように努力や工夫をしていくことであなたの大切なことに触れる回数が増えて、満足度も上がっていきますよ。

頻度(回数)について理解しよう

楽しいことはお変わり自由

あなたは、もっと休日が増えたら良いのにとか、仕事をする日がが憂鬱という経験はありませんか?この休日と仕事をする日のことを頻度で考えてみると、本当に大切にしたい頻度のことがもっと理解できると思います

1週間は7日ありますが、週休2日の働き方をしている方を例に頻度について考えてみましょう。祝日があったり有給を使えば週あたりのお休みは増えますが、ここではわかりやすくする為にあえて考えないでおきましょう。

  • 休日:週あたり2回
  • 仕事をする日:週あたり5回

あなたは、頻度を考える時に休日の休日の2回と仕事をする5回のどちらに集中フォーカスしますか?週に5回ある仕事をする日にフォーカスすると頻度や回数が増えていきますよね。

例えば、子供と一緒に遊ぶことの頻度を考えてみましょう。

週に1回でも2回でも仕事をする忙しい日に短い時間でも子供と一緒に遊ぶことができたらどうでしょう?それはあなたにとっては時間を作ることがとっても大変なことであると同時に大好きに子供と一緒に遊ぶという大切にしたいことが叶う貴重なことですよね。

例えば週に1回しか遊んであげられていなく心苦しく感じていたとしたら、週に2回短い時間でも良いので子供と遊んであげられるように頻度(回数)を増やす工夫をしてみてはいかがでしょうか。

きっと子供は週に1回たくさん遊ぶことも喜んでくれると思いますが、大好きなママやパパと毎日少しの時間でも遊んでくれると嬉しいと思いますよ。

人は頻度(回数)と時間の長さをとても大切にします。なかなかまとまった時間が取れなくても、頻度(回数)を増やすことで満足度や楽しさを増やすことができますよ。

仕事でも、家庭でも使える頻度(回数)を増やす考え方はいかがでしたか?時間を増やすという考え方も重要ですが、頻度を上げる考え方も本当に大切です。

5分でも10分でも毎日できることってありますよね。週に1回の楽しみも良いですが、毎日ほんの少しでも良いから楽しみがあると毎日が楽しく充実した日になると思いませんか?

毎日にちょとした工夫をするだけで、あなたの考え方や行動の仕方、発する言葉や態度が激変していきます。

つまらない毎日の繰り返しから、楽しい毎日の繰り返しへチャレンジしてみませんか?

ほんのひと工夫で人生は楽しくも、辛くもなってしまいます。今ある状況に中でできる工夫、あなたにあった行動や言葉の変化を考えてみませんか?

はちと
はちと
大きなお節介とわかっていますが、あなたと関係するご家族や会社の方に対して、そして顧客、お客様に感謝して頻度(回数)を増やした仕事やコミュニケーションを充実させていきましょう。
\読書の楽しみを思い出そう/
スキルを磨き人生を豊かにするために、目を休ませながら無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう
\読書の楽しみを思い出そう/
無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう