仕事

時を大事に毎日を幸せに過ごしてみませんか?

時間

この記事では、時や時間についてご紹介しますよ。

私が毎日の生活で特に大切にしていることは、時間です。今をどれだけ楽しめているか、正しい方向に向かってどれだけ努力を積み上げているかによって人生は大きく変わると思います。

今という時間を楽しむこと、一生懸命に努力することは今の自分だけではなく、未来の時間を作ることにもなると私は信じていますよ。

この記事を読んでくれているあなたは、あなたの大切な時間を今この記事に使ってくれていますね。あなたにとって何かヒントになったり、役に立てるような記事をこれからも書いて伝えていきますね。

時や時間を考えてみよう

別れの時間別れの涙

時や時間をきちんと考えてみたことありますか?実は私は時間について考える機会が定期的にありました。あなたも、きっと知らない内に時間について感じたり、感情を抱いていると思いますよ。そして時間をもっと楽しむことに使えると、人生は楽になって行くと思いませんか?

  1. 肺炎で入院した時(体調が回復してから1週間ベットの上で退屈だった)
  2. 引越しをした時(大切な友達と別れなくてはいけないという経験)
  3. 大切な人との別れの時(大好きだった家族との別れは今という大切な時間を考えさせてくれました)
  4. スポーツや部活動、ジムでトレーニングしている時(目の前の運動を楽しんでいる時間は他のことを考えない貴重な時間)
  5. 卒業式と旅立ち(いつも一緒にいるのが当たり前の仲間との別れと新たな人生を作る時間の始まり不安と期待が入り混じった時間)
  6. 自分の本当に好きな仕事をしている時(ガムシャラに時間を忘れて働いて体力的にはきついが、精神的には楽で楽しかった)
  7. ゲームでドラクエを攻略している時(夢中になっている時間はあっという間)
  8. 自分でコントロールできない時(周囲に合わせなくてはいけない窮屈な時間は時間が過ぎるのが遅く感じる)
  9. 大好きな人とのデート帰宅時(時間がこのまま止まれば良いのにと感じる時間)

当たり前だけれど、時間を戻すことはできません。その時になってはじめて気づくことも多いものです。身の回りにいる方や家族、仲間、友達など今を大切に過ごしたいですね。

時系列で時や時間を考えてみよう

 

時と時間について今後はもう少し時系列じけいれつで考えてみましょう。

  1. 過去は自分が経験してきた貴重な時間、戻ることはできない時間
  2. 今は自分の気持ちや心、判断や行動によって変えることができる時間
  3. 未来は運まかせではなく、今(過去に行ってきた判断や行動や努力など)の積み重ねの結果として生まれる時間

過去を大切にしながらも、過去に縛られすぎないことが大切。過去の成功体験や自分の経験だけが全てではない。状況の変化に合わせられることが本当に重要なこと。その為のヒントに過去を活かしてみませんか?

時系列の時間を考えるあなたの視点を鍛えよう

桃太郎と猿とキジと犬

過去、今、未来の時間を考える為にはあなたの視点が大切になります。視点を3つご紹介しますので、3つの視点を活かしながら時間を考えてみましょう。主人公のあなたが時間を有効活用する為に、有名な桃太郎に出てくる動物たちをイメージして視点を活用しましょうね。

  1. 猿の目は、接近戦。目の前の出来事や仕事に集中している視点。仕事で上司からの急な依頼をしなくてはいけない場合やデートで大好きな人と今に集中しているような視点。
  2. キジの目は、目の前の出来事や仕事に集中している自分を空のキジが周囲を全体的にみているように、冷静に見る視点。目の前に集中しすぎずに周囲の声を聞いたり、周囲に配慮する気持ちや行動を忘れない視点。
  3. 犬の目は、目の前の出来事や仕事に集中しながらも過去にどんな失敗をしたか、どんな対応が上手くいったかを考えながら取り組む視点

時と時間を味方につけると決める

時と時間は戻すことはできませんが、振り返ることで今や未来をあなたらしく作ることができます。その為には、まず時と時間を味方につけると決めることからスタートしましょう。

時間がないと嘆く方は、時間がなんでないのかをきちんと考えてみましょう。どうすれば時間ができるのか、どうなれば時間が確保できるのか。

あなたの理想をあきらめてはいけませんよ。完璧な人生はないものの、理想の人生や時間の過ごし方に1歩でも1mでも1㎝でも近づく努力をしてみましょう。

理想的な時間の使い方をする為には、現状維持を捨てるリスクも時には必要になるかも知れません。あなたが許せる範囲のリスクを取りつつ、あなたらしい時間の使い方や楽しい時を過ごしてくださいね。

\読書の楽しみを思い出そう/
スキルを磨き人生を豊かにするために、目を休ませながら無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう
\読書の楽しみを思い出そう/
無理なく月に1冊読書を続けよう!
耳で読書のAmazonオーディブルを始めよう